スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国の医学部に行くなら6年生大学を

外国の医学部を卒業して医師になってから、
日本の医師国家試験を受ける方法もありますが、

外国の医学部は国により5年生のところもあります、
しかし、5年生の医学部卒業では、
日本での医師国家試験の前の予備試験さえ受験できない恐れがあります。

海外の医学部に入学する場合は、くれぐれも6年生の大学を選んでください。
スポンサーサイト

テーマ : 優秀なできる人の勉強のやり方!
ジャンル : 学校・教育

ゴロあわせの勉強も役にたちます。

受験勉強や資格試験ですが、
語呂合わせによる暗記方法も効果的です。

僕も百ほど、作りました。
お勧めは、バカバカしいほどの語呂合わせがいいです。

例えば、世界史で「陶片追放」は「オストラシズム」と言いますが、
(世界史の期末試験などで、出てきますね。)

オストラシズムを、「阪神タイガース」と覚えます。
どうして「阪神タイガース」かと言うと、
「雄のトラが沈む」→「オスノトラガシズム」→「オストラシズム」となります。
(阪神ファンの皆さん、ごめんなさい。)

語呂合わせはこういうバカバカしいほうが、かえって覚えます。

テーマ : 資格取得
ジャンル : 学校・教育

医師・歯科医師国家試験受験資格認定

外国の医(歯科医)学校を卒業し、又は外国において医(歯科医)師免許を得た者について

厚生労働省のサイトが参考になるでしょう。

http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/10/tp1005-1.html

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

医師、医者になるための情報ブログできました。

高校を卒業したら、
日本のどこかの大学の医学部に行かないと医師になれないと思っていませんか?

実はそれ以外にも、医師になれる方法があります。
それをこれから紹介いたします。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
リンク
フリーエリア

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。